頭を抱える肥満

看護婦

自分の体型に自信があるか否かを尋ねられて、どれほどの人が自信あると答えられるでしょうか。今の日本はあまりの飲食店やコンビニの多さに、食べ物に困ることがそうないと言われています。その為、少しでもお腹が空けばすぐ食事にありつけるので肥満体型の人は男女共に増加傾向をみせました。好みとなる体型は人それぞれですが、肥満体型は世間一般的にも劣りの象徴とされているものです。美容面においてそのような印象を受ける肥満体型ですが、実は放置していると健康面においても不都合が生じてくるでしょう。体内に蓄積された内臓脂肪は、やがて生活習慣病を煩わせる要因になるかもしれません。どちらにしても、早めのダイエットを試みた方がよいとされています。しかし、ダイエットを成功させる為には自分の努力と時間を多大に使います。減量する体重がよほど大きいのであれば、リバウンドなしのダイエットを目指す場合、長期的な期間をみておきましょう。

名古屋の美容整形クリニックでは、そのような長期間を掛けずとも、ダイエットを確実に成功させる施術を行なっています。ダイエットを成功させる方法の一つには脂肪吸引があります。脂肪吸引は体内に蓄積された脂肪を、脂肪細胞ごと取り除くのでリバウンドの心配もないというメリットが嬉しいものです。また、自力のダイエットでは痩せることが難しい二の腕や太ももの痩身にも効果的で、短時間ですっきりとした細さを目指すことも可能です。特殊なカニューレと呼ばれる器具を用いて、表皮から切開して真皮、皮下脂肪を越えて細胞脂肪をとことん吸引してくれるでしょう。カニューレは比較的細いので、切開した傷口が目立つことはありません。カニューレには2ミリ、3ミリ、4ミリと状況に応じて適した細さがあり、吸引しやすいように施術の初めには超音波で脂肪を柔らかくさせます。太いカニューレを選ぶと吸引のスピードも早まりますが、その分傷口は大きくなります。細いものを選んで慎重に、かつ80~90%を超える脂肪を確実に吸引した方が見た目にも綺麗な結果を期待できるでしょう。

名古屋の美容整形クリニックでダイエットを試みるときには、受ける施術の内容をしっかり把握して、術後のダウンタイムのことまで確認しておきましょう。傷口が小さく済むとは言え、名古屋で受ける脂肪吸引後には体に多少なりとも負担が生じるものです。ダウンタイム中には激しい運動が禁じられているので、なるべく数週間から1ヶ月は安静にしておいた方がいいと言えます。術後2~3日はシャワーを浴びることもできなくなるので、清潔に過ごす為には拭くタイプのシャワーシートなどを用いるようにしましょう。形を綺麗に整える為にも最低1ヶ月は圧着下着を着用し続けるので、蒸れやすい夏よりも冬に脂肪吸引を受ける女性が多いものです。名古屋でダイエットを成功させる為に、自分に最適となる美容整形クリニックを見極めてみましょう。